なぜ不妊症で整体へ?

不妊症で整体とは…

不妊症…この言葉が頭をちらつくと真っ先に思い浮かぶのは婦人科への受診ではないでしょうか?

 

決してそれは間違えではありません。病院での検査によって、早期にトラブルを発見することも大切ですし、時にはステップアップしながら妊娠へ向けて通院する事も自然な流れです。

 

しかし、この流れの中に「整体」が関わることの意味を説明していきます。

 

最近では妊娠体質になるための〇〇などの見出しで本やネットには様々な情報があふれていますね。どれも素晴らしい情報だとは思いますが、情報過多になり、何から手を付けて良いか分からない…もしくは色々やり過ぎて何が何だか分からない…そんな方も多くいらっしゃいます。

まずは情報整理から!妊活ピラミッドで自分のウィークポイントを探す。

ピラミッド

 

当然ながら妊活中の方は妊娠・出産がゴールだと思われるかもしれませんが、当院ではその先の幸せを頂点としたピラミッドを考え方の根本に置いています。

 

その為には、少しの事には揺るがない、ガチっとした土台が必要です。

メンタルアプローチ・インナーアプローチ・アウターアプローチときてメディカルアプローチが来ます。

土台がしっかりするとメディカルアプローチでの結果も出やすい身体に変わる可能性が高いです。今までは病院でのアプローチだけしかしてこなかった、という方は自身の土台がどうなっているかな?とここで考えてみてください。

整体に通院すると…

メンタルやインナーアプローチの上に位置する整体ですが、なぜ不妊症に整体?という所で説明させていただきます。

当院の整体は、筋肉や骨格のゆがみは勿論ですが、内臓や頭蓋骨の調整を行う事により身体を良い方向に導いていく整体法です。

不妊症に関しては、この内臓と頭蓋骨へのアプローチが大変重要になります。

内臓への整体?

まずは内臓へのアプローチから。あまり馴染みがないかもしれませんが、体質を上げて、健康に、そして妊娠しやすくなるためには必須の調整法です。

体質を改善しましょうなどと聞いたことがあるとは思いますが、では体質とは?と聞かれると困ってしまうのではないでしょうか?

当院で考える体質とは…

体質=体液の質(血液・リンパ液・脳脊髄液)です

 

体液の質が上がれば、身体を構成する細胞の質(卵子も精子も細胞ですよ)もあがり、エネルギーが充実します。エネルギーがあるからこそ身体は健康でいられるわけです。

そこで、内臓の働きが重要となります。

 

体質は、身体に入れたもの(食品・空気など)+それらがどう処理されたかによって決まります

入ってきたものが、どのくらい身体に取り入れられ、不必要なものは排出できるか?

しっかりと全身の細胞に巡らせる事が出来るのか?

妊娠成立・維持。

これらの機能を司るのが内臓ですから、機能が低下している場合には身体から何かしらのサインが出ているはずです。

上手に排出できていない…

  • 便秘
  • 生理痛
  • 頭痛
  • アレルギーなど

上手に取り入れられてない…

  • 慢性的な疲労感
  • だるさ、倦怠感など

上手に巡らせられてない・維持できていない…

  • 冷え性
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 副腎疲労など

ホルモンバランスの乱れなど…

  • 生理不順
  • 流産
  • 不育症
  • 着床障害など

これらの症状がある場合には、内臓へアプローチし、ゆがみの調整(構造)とシステムの正常化を目的とした調整が必要となります。

もちろんインナーアプローチとの相乗効果により体質は変わっていきます。

あなたの身体が発信しているサインからでも身体の状態を向上させていくヒントがあります。そして、どういったステップを踏んでいくと体質を変えていく事が出来るのかを説明することも可能です。

 

当院では整体という形で、土台から(もちろんメンタル・インナーも重要)身体を変えていくお手伝いが可能です。

妊活でお悩みの方はご相談くださいね!

不妊症について詳しくはこちら

不妊症

不妊症に関する関連記事