子宮を温める~冷え性改善への道③~

冷え性の原因その③

自律神経の乱れ~低血糖症に要注意~

①でも簡単に触れましたが、食べ物で身体が冷えやすくなっている方も多くみられます。

【糖質】が多い生活が冷えを招くのです。

糖質→炭水化物(米・パン・麺類)、甘いお菓子、ジュースなどを習慣的に食べる方は要注意となります。

理由としては、糖質は体内での吸収が早く、血糖値が急激に上昇することにあります。

血糖値は一定の状態をキープする事が理想的なため、急激に上がった血糖値を下げようと「インスリン」というホルモンが分泌されます。

糖質の摂取が多い方は、血糖値が急激に上がったり、インスリンで下がったりを一日の中で何度も繰り返します。

すると、血糖の調節が上手くいかずに、正常値より下がりすぎてしまうことがあるのです。

これが【低血糖症】です。

低血糖症の時には、血糖を下げるとともに体温も下げてしまいます。

血糖値が安定していない時には自律神経が乱れ、交感神経を緊張させます。

これも冷え性を招く要因の一つになります。

普段の食事が炭水化物メインの食事になっている。

甘い物を習慣的に食べている。

水分摂取はジュース。

元気を出すためにエナジードリンクを飲んでいる。

これらで当てはまることがあり、身体が冷えている方は普段の食生活を見直してみてください!

なかむらファミリー接骨院

〒965-0005福島県会津若松市一箕町亀賀字藤原276